トップページ

トップ>派遣に関する基礎知識

派遣に関する基礎知識

派遣で働くメリット


 自分の経験を生かし、自分に合った仕事が選べる
自分の天職を見つけることは、一生の仕事です。派遣ならば、今までの経験を生かしつつ、自分の希望に合う仕事をいろいろ探すことができます。仕事は本来辛い場合が多いですが、もし、仕事が楽しかったらこんな幸せはありません。心から楽しく出来る、その仕事は、まさに天職です。そんな仕事に出会うためには、色々な仕事で経験を積むことです。派遣ならば、それは可能です。そして、最終的に、本当に自分に合う仕事を見つけてください。


 いろいろな職場で自分のスキルアップができる
派遣ならば、自分の希望を最大限に叶えることが出来ます。自分が目指すものを実現するためには、たくさんの経験が必要です。机上の学問だけでなく、常にプロとして仕事をしている職場で学ぶ意義は非常に大きく、自分自身のスキルアップに確実につながります。


 希望するライフスタイルに合った仕事ができる
自分のライフスタイルに合わせて、仕事を選ぶことが出来ます。例えば、自分が希望する勤務期間、勤務時間、勤務地を選ぶことが出来ます。


 仕事の悩みを相談しやすい
仕事内容のこと、将来のこと、同じ職場の方に相談しにくいようなちょっとした相談も、弊社の担当者がお話を聞かせていただきます。

>>詳細

人材派遣による就労

人材派遣による就労は、一つのライフスタイルとして定着してきました。以前は、正社員と契約社員の間には、大きな隔たりがありましたが、現在では、あまり大きな差はなくなりました。これは、給与や就業条件だけではなく、福利厚生についても同様です。現在は、新卒の方でも、派遣で就業することは、普通になっています。しかし、全てが正社員と同じというわけではないので、その仕組みを理解しておくことが大切です。

人材派遣と業務請負


【人材派遣の雇用関係】

あなたが対価を得てどこかで働く場合、あなたと雇用主である会社の間で雇用関係が成立します。正社員の場合は、あなたが例えばA社の社員であれば、あなたとA社の2者間の雇用契約になります。ところが、派遣の場合は、あなたと派遣会社であるB社の間で雇用関係が成立し、B社から派遣されてA社で就業するということになります。これが、人材派遣の仕組みです。



【業務請負の雇用関係】

セントラル綜合サービス株式会社でご紹介する仕事には、人材派遣もありますが、業務請負もたくさんあります。業務委託では、下図のような雇用関係になります。




人材派遣と業務請負の違いは、実情としては曖昧なところもありますが、決定的な違いは、雇用関係にあります。つまり、あなたの管理監督を誰が行なうかという点です。あなたが仕事をする上で、派遣先の社員があなたの勤務に対する管理や業務指示を行なう場合には、「人材派遣」となります。しかし、あなたの管理や業務指示を派遣元の社員が行なう場合には、「業務請負」となります。いずれにしても、弊社は皆さんと派遣先の間に入り、色々な問題解決やサポートをしっかりといたします。

>>詳細